世界一小さな猫「サビイロネコ」が可愛い〜!スリランカの森に潜む姿を動画で公開

スポンサーリンク

スリランカの森の中で暮らす世界一小さな猫「サビイロネコ」(rusty spotted cat)が可愛すぎる!と話題沸騰です。きっかけは、イギリス・BBC(英国放送協会)のドキュメンタリー番組「ビッグ・キャッツ(Big Cats)」で野生のサビイロネコが特集され、ツイッターなどSNS上で拡散されているようです。

まずは動画をご覧ください^^

「サビイロネコ」とは?

サビイロネコ(Rusty-spotted Cat)はインド南部とスリランカに棲息する極小型の猫である。体長は35-48cm、肩高20-25cm、尾の長さは15-25cmであり、体重は約1.5kgしかない。メスの成獣の体重は1kgかそれ以下しかなく、クロアシネコと並んで(もしくはそれ以上に)世界最小の猫である。毛皮の色は灰色で、背中と脇腹の全面にさび色の斑点がある。一方下腹と四肢の内側は白く、大きな黒い斑点がある。スリランカの個体は斑点がほとんどない。厚く、体長の約半分の長さがある尾は、体よりも色が濃く、斑点は少ない。近縁種のベンガルヤマネコと比べても非常に小さいのが特徴である。虹彩は灰色みの茶色あるいは琥珀のような色で、耳は丸っこい。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/サビイロネコ

https://twitter.com/ranran717171/status/953273394878795776

スポンサードリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
レクタングル(大)
コメントの入力は終了しました。