Appleを装うメールはフィッシング(迷惑)メールです【要注意】

スポンサーリンク

2017年8月1日現在までにAppleを装うフィッシングメールが複数報告されています。メールの件名は「Apple ID アカウントが無効になっています」「あなたのApple IDがロックされています」「AppIelD 情報が更新されました。」「あなたのアカウントを確認します」「アカウントのステータス更新(メールアドレス)」などで、本文中には偽サイトへ誘導するURLが記載されています。そのURLを開くとPDFファイルが添付されているとのこと。くれぐれもApple IDや個人情報、クレジットカード情報などを入力しないよう注意してください。

「スポンサーリンク」

Appleを装うフィッシングメールの件名の一例

・ AppIelD 情報が更新されました。

・Order Confrimations. #[英数字]
・ リマインダ:アカウントロック
・ AppIe: 確認の進捗状況 [日付]
・ あなたのApple IDでセキュリティを守ります
・ Apple ID アカウントが無効になっています : [日付]
・ Apple IDはセキュリティ上の理由から無効になっています : [数字]
・ お知らせ:[Apple] Statementアカウントのログインを再開する [日付]

Appleの偽サイトのURL

フィッシング対策協議会で確認している偽サイトのURLは以下の通りです。

http://●●●●.ink/1hUe
https://sign-in.appleld.●●●●.center/js/sso_login/Login.php?[パラメータ]
http://●●●●.ly/cpplejp
http://●●●●.ly/LYfA30dfXbZ
http://アップルジャパンのログインid.●●●●.com/ログイン/日本語/
http://●●●●.ly/2sF5qmy
http://●●●●.com/baratoesvoelos
https://アップルジャパンのログインid.●●●●.com/clients/
http://●●●●.co/6mNwR
https://●●●●.net/sign-idapple.apple.jp/Login.php?[パラメータ]

偽サイトかどうか見分けるポイントは?

・リンクに短縮URLが使用されている

・上記偽サイトのURLに当てはまるか確認する

・受信者の名前などが記載されていない ⇒入力を促す 

・PDFファイルが添付されている

・マイアカウント確認へのリンクがある

など

「スポンサーリンク」

被害にあった人の反応(ツイッター)

スポンサードリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
レクタングル(大)
コメントの入力は終了しました。